今週の提言(コラム)
Symbo からの手紙 ~シンボリック経営の視点~

 
「任せてみましたが、ちょっと早かったですね…」
電話の向こうのY社長は、落胆していました。

 
あるプロジェクトのリーダーに、
若手社員のKさんを抜擢したY社長でしたが、
どうやらうまくいかなかったようです。

 
Y社長の方針は、

”計画を立てた者と、それを実行する者とを同じにする”

というもの。

  
Kさんにも、
計画を立てるところからやらせてみるも…、
なかなかうまくいきませんでした。

 
Kさんも
一生懸命取り組んだようですが、
何から始めたらよいのやら…、

頭の中が、ぐちゃぐちゃになっていたのだと思います。

 
そんなKさんを見て、
時折、助け舟を出すY社長でしたが、
とうとう最後まで軌道修正できませんでした。

 
ここで、

うまくいかなかった原因を検討していきましょう。

 
まず、Y社長の方針、

”計画を立てた者と、それを実行する者とを同じにする”

これについては、私も同意見です。

 
他人にやらせることを前提に立てた計画では、
成功の確率が下がると考えています。

なぜなら、

他人にやらせる…となると、
無責任な計画になってしまう場合があるからです。

また、

実行を任された側からすると、
失敗の原因を、計画のせいにすることも出来ます。

 
つまり、

計画を立てた者、

その計画を実行する者、

双方ともが無責任な状態になりやすいのです。

 
もちろん、

それぞれ一生懸命やっているわけですが、
人間心理というのは…、

難しいものですよね…。

 
この、”責任”については、
忘れてはいけないことがあります。

それは、

大切なのは、

”責任”ではなく、”責任感”ということ。

 
責任感を持って、仕事に取り組むことが大切であって、
責任をどう取らせるかは、また別の話です。

 
いつの時代も、

”チャレンジと失敗はセット”

うまくいくこともあれば、
うまくいかないこともあります。

比率でいえば…、
うまくいかない方が、圧倒的に多い。

 
”責任”に比重を置いてしまうと、

「失敗したら…、どうしよう…」

うまくいかなかったときの”保険”を考えてしまうのが
人間だと思うのです。

 
その保険が、

「やるのは私じゃないし…」

「計画を立てたのは、あの人だし…」

結果的に、
無責任につながってしまうのではないでしょうか。
 
 
だからこそ、

”計画を立てた者と、それを実行する者とを同じにする”

これが重要なのです。

 
話を元に戻しましょう。

Kさんがうまくいかなかった原因。

計画と実行の両方を任せる…というのは良かったのですが、
問題なのは、その前段階にあると、
私自身は考えています。

 
それは、

Kさんに、

”会社の方向性が伝わっていない”

ということ。

 
・この会社は何をやる会社なのか?

・この会社はどこを目指しているの?

・このプロジェクトで、何を達成したいのか?

そもそも論が伝わっていないのです。

  
これを言うと、
Y社長は反論します。

「いやいや、ちゃんと説明してますよ!」

もちそん、それは分かりますが、
説明していることと、伝わっていることとは別問題。

私は、電話の向こうのY社長に言いました。

 
「Y社長、試しにKさんに、こう聞いてみてください。

”オレが説明したことを、オレに説明してみて”

これで、

Y社長が説明したことが、スラスラ出てきたら
伝わっているということです」

  
早速Kさんを呼んで、試してみると…、

Y社長が説明したことの6割程度の答えが
帰ってきたようです。

 
「なるほど…、

うんうん聞いているから分かってるものと思ってたけど…、
これは私の責任ですね…

反省するY社長。

”説明したことを、説明させる”
理解度を測るためにも、欠かせない作業です。

 
ということで、

プロジェクトを仕切り直すこととなりました。

優れたリーダーに育てるためにも、
明確な方針を理解させることは、とても大切なことです。

方針が分かっているからこそ、
適切な計画が立てられるのです。

 
また、”計画と実行はセット”

同じ者が担当することで、より強い責任感を持たせることが出来ます。

 
シンボリック経営®では、
シンボルを中心とした戦略を考えていきますが、
これも、方針を明確にすることのひとつです。

 
あなたの会社では、
計画と実行はセットになっていますか?
 
人員の問題から、
セットに出来ないこともあるかと思いますが、
その場合も、責任感を持たせることが
計画の成功には必須です。

 
大切なのは、

責任ではなく、”責任感!”

 
「責任はオレが取るから、一生懸命やってくれ!」

そんな社長が、
シンボリック経営®が目指している、長く愛される会社をつくるのです。
 

✅メルマガでしか書けないこともあります。
✅登録(無料)は、下記フォームから!

  • Symbo からの手紙~シンボリック経営の視点~


  • コラム更新情報の他、最新セミナー情報などをお届けします。
    メルマガでしか書けない情報も!
    ぜひご登録ください。(登録無料)
    powered by acmailer