今週の提言(コラム)
Symbo からの手紙 ~シンボリック経営の視点~

 
「それでは、明日報告してください」
毎週の定例ミーティングで、スタッフに指示を出すO社長。

 
その指示に、
一瞬…戸惑いの表情を見せた…、
スタッフのAさんがいました。

 
おそらく、

Aさん的には、

「来週の定例ミーティングまでにやればいいか…」
 
どこかで、そんな読みがあったのでしょう。

明日まで…という予想外の期限への戸惑いが、
表情に現れていたのです。

 
介護関連事業を経営するO社長は、

いまでこそ、
自身が要求するペースで仕事をしていますが、

ほんの数年前まで…、

もともとの優しい性格からか、

良くも悪くも、
スタッフに気を使って仕事をしていたのです。

 
そのひとつの現れが、”数字”

最新の試算表(貸借対照表・損益計算書などの経営数字)を
持参するようにお願いしたところ、

なんと…、

3ヶ月前のものを持ってきたのです。

しかも、

パッと見で、間違っていることが分かるものを…。

 
私は、O社長に言いました。

「O社長、仕事のペースは、リーダーが決めるものです。
O社長がのんびりしていれば、
会社のペースはのんびりになります。

3ヶ月遅れの試算表、
しかも、間違っているものが上がってくるような会社でいいんですか?」

「これは、スタッフの責任ではありません。
そうさせてしまっているO社長の責任ですよ。

大切なことなので、もう一度言いますね。

会社のペースを決めるのは、リーダーであるO社長です。
O社長は、O社長が求めるペースを、スタッフに要求していますか?」

 
信頼関係があるとはいえ、
少々厳しく言ってしまったことを反省しつつ…、

O社長の言葉を待ちました。

 
しばらく考えたO社長は、

「そうですね…、

スタッフに、ヘンに気を使ってしまい、
やってほしいことを、きちんと言えてなかったと思います。

”リーダーがペースを決める”
  
確かにそうですね。

情けないことですが…、嫌われるのが怖くて…、
いい人になっていたのだと思います。

これからは、
自分が決めたペースでやっていきます。
もちろん、自分自身に一番厳しく!」

 
スタッフ…というか、

私も含め、
人間というものは、
易きに流れやすいもの。

 
明日までに出来ることも、”1週間かかる”

そんな保険を掛けてしまいがちです。

 
経営者が、

その、1週間という言葉を真に受けていたら…、

経営のスピードは、
どんどん落ちていきます。

 
もちろん、

”無理難題を押し付けるブラック企業になれ!”

そんなことを言っているわけではありません。

 
”リーダーがペースを決める”

ある程度、会社のペースをコントロールする意識を持たないと、
のんびり…な会社になる可能性が高いのです。

 
会社の雰囲気は、

和気あいあいではなく、”切磋琢磨”

あくまで会社は、
仕事をするところなのです。
これを忘れてはいけません。

 
ということで、

あなたの会社のペースは、
あなたの理想とするものになっていますか?

 
ペースを決めるのは、
リーダーである、あなたです!

これを常に意識し、
スタッフに高いレベルを要求していきましょう。

要求もしてないのに、
勝手にペースアップする…、
なんてことは、残念ながらないのです。

 

✅メルマガでしか書けないこともあります。
✅登録(無料)は、下記フォームから!

  • Symbo からの手紙~シンボリック経営の視点~


  • コラム更新情報の他、最新セミナー情報などをお届けします。
    メルマガでしか書けない情報も!
    ぜひご登録ください。(登録無料)
    powered by acmailer